ウィリアム・モリスの壁紙

Posted by

 

 

おしゃれなリノベーション賃貸物件をご紹介している

『モトスミグッドリノベーション』を運営するらくらくライフ(リフォーム東京)には、

お部屋のアクセントになる壁紙が5,000種類以上ございます。

 

 

これだけあると壁紙の組み合わせ次第で

数えきれないほどのお部屋のデザインが生まれてきそう!

 

 

今回はたくさんある壁紙の中から

リリカラさんのウィリアム・モリスシリーズの壁紙をご紹介しますね。

 

 

 

芸術家・哲学者・そして政治的思想家でもあったウィリアム・モリスは、

アーツ&クラフツ運動を先導した影響力の強いデザイナーです。

そして、装飾という分野において、独創的なアプローチをし、

数多くのデザインを残しました。

彼の考え方やデザイン手法にならい、Morris&Co.のこれまでのデザインを振り返り

誕生したのが、リリカラオリジナルのこちらのシリーズです。

 

 

こちらは「The St.James’s Ceiling」という名前のLV-3006の壁紙。

1881年モリスによってデザインされたこの柄は、大きな柄が多方向に向いた

単色の壁紙です。

複雑なセント・ジェームズ宮殿の天井用壁紙として制作されました。

涼し気な爽やかな雰囲気なので水回りにオススメです♪

 

 

 

もう一つご紹介するのは、「Pink&Poppy」という名前のLV-3011の壁紙。

「Poppy(ポピー)」の名でも知られるこのデザインは、モリス商会の中でも

人気の柄で、10以上もの配色で展開され、美術品収集家であるアイオニディーズの

邸宅にも使われたデザインです。

光が当たると華やかな柄が浮かび上がります、居間や寝室など光の差し込むお部屋に

使うと素敵ですね♪