賃貸物件の申込み手続きとは?

Posted by

お部屋を内見して気に入った場合は、他の方に先を越されてしまう前にさっそく申込み手続きをしましょう。

具体的には、『入居申込書』の提出をし、大家さんによる『入居審査』を受けます。

 

【入居申込書には何を記入するの?】

不動産会社によって書式が異なりますが主に以下のような項目を記入します。

また、『印鑑』『身分証明書』を持参しましょう。

 

①申込者について

【記入する主な項目】

…氏名・現住所:年齢・生年月日・連絡先・勤務先の情報(年収・勤続年数等)

 

②入居者について

申込者以外にも同居する入居者がいる場合は同居人についても記入します。

同居人の生年月日・勤務先・連絡先など事前に確認しておきましょう。

 

③連帯保証人・緊急連絡先について

ここで最も重要なことは、連帯保証人となる人に前もって承諾を得ているかということです。

事前の話し合いがしっかりできていない場合、トラブルのもとになりますので、

きちんと依頼しておくようにしましょう。

連帯保証人の承諾がとれれば、住所や生年月日・勤務先の情報などを聞いておきましょう。

 

【入居審査って?】

入居審査は、入居申込書をもとに、貸主が確認をします。

収入や勤続年数から家賃支払いに支障が出ないかどうか、

ルールを守らないことでのクレームなどが他住民から出そうにないか、

連帯保証人は信頼のおける人物か、などです。

この際に、意思確認などを行なうため、連帯保証人に電話で連絡が入ることもありますので

事前に伝えておくと良いでしょう。

審査は早ければ2~3日で終わりますが、余裕をもって1週間は猶予を見ておくようにしておくと

その後の本契約や引越しまでの流れもスムーズに行なえそうですよ。