リモートワークに適した賃貸物件とは?Part.2【通信環境編】

Posted by

前回はリモートワークしやすい間取りについてご紹介しました。

リモートワークに適した賃貸物件とは?Part.1【間取り編】>>

今回はご自宅で快適に仕事をするための通信環境についてです。

 

【リモートワークをきっかけに住み替えするときに大切なポイントとは?】

②インターネット環境が整っている

間取りに続いて住み替える際に重視されるポイントは「通信環境」です。

最近ではリモートワークが普及しインターネットの需要は更に増えています。

物件情報を見ると、「インターネット対応」「インターネット完備」といった表記を目にすることがありますね。

その違い、インターネット回線の選び方などをご紹介します。

 

【インターネット「対応」「完備」「無料」の意味の違いとは?】

①インターネット対応

建物の共用スペースまでインターネットの回線工事が済んでいる状態です。

部屋まで回線を引いたりプロバイダー契約をするなどの手続き及び費用の負担が必要です。

大家さんや不動産会社へ、導入されている回線の種類と利用する際の工事費用などについて確認し、

工事は早めに手配しましょう。

②インターネット完備

回線工事やプロバイダー契約も済んでいて、入居後すぐにインターネットが使える状態です。

面倒な手続きが一切なく、回線工事やプロバイダー契約などにかかる費用もいりません。

但し、回線の種類やプロバイダーは選べないので、場合によっては通信速度や安定性が

あまり期待できないこともあります。

あらかじめ回線の種類やプロバイダー、通信速度の状況をチェックしておきましょう。

③インターネット無料

②完備と同じで、回線工事やプロバイダー契約は済んでいます

さらに月々の使用料が無料になります。

入居後すぐにインターネットを使いたい方、通信速度や安定性より使用料を抑えたい方向きです。

注意したいのは、お得に見えて実は家賃や共益費を高く設定している物件もあることです。

他の物件と比較してから判断しましょう。

 

【インターネット回線の種類や選び方は?】

インターネット回線にはいくつかの種類がありそれぞれ特徴が異なります。

①光回線

光ファイバーケーブルを通してデータを送信する有線タイプです。

現在主流の回線で、インターネットを利用するにはお部屋までケーブルを引く回線工事が必要です。

インターネット回線の中でも通信速度が最も早く、安定していることが特徴です。

また、モバイル回線と異なり通信制限がないのも魅力です。

②ケーブルテレビ回線

ケーブルテレビの回線をインターネット接続に利用した有線タイプの回線です。

回線工事無しで、すぐにインターネットが使えます

有線で通信するため安定しており、大量のデータ送信にも対応可能です。

但し、通信速度は光回線に比べて遅いケースが多いです。

③ADSL回線

固定電話の回線をそのまま利用してインターネットにつなぐ有線タイプの回線です。

固定電話を利用している方は安い料金で使えますが、今後は各社共にサービス終了予定です。

④モバイル回線

モバイル向け通信を利用してインターネットにつなぐ無線タイプの回線です。

回線工事が不要で、ポケットサイズの「モバイルWi-Fiルーター」や

室内固定式の「ホームルーター」といった端末があればすぐにインターネットが使えます

通信エリア内であればどこでも複数の端末から使える、自由度の高さが魅力です。

「モバイルWi-Fiルーター」ならご自宅だけでなく外出先からも接続可能です。

同時に複数の端末で使用したり、お部屋の間取りなどによって通信速度が落ちることがあるため、

オンライン会議などで頻繁に利用したい場合には注意しましょう。

 

 

~新しいお住まいで快適なインターネット環境を整えるには、

現在のインターネット利用状況を把握することが大切です。

ご自分のライフスタイルに合うインターネット環境を探してみてください~

光ファイバーのリノベーション物件を探す>>