建物の構造によって何が変わるの?

Posted by

RC造、SRC造、S造、PC造、木造…どんな構造?

賃貸サイト等の「構造」欄に記載されているRC造/SRC造/S造/PC造/木造とは、

建築物の素材をもとに構造を表したものです。

それぞれの材料・材質によってどのような建築物に適しているかが変わってきます。

 

①RC造

鉄筋コンクリート造。鉄筋とコンクリートが互いの弱点を補完しあって強度や耐震性を向上させています。

現場で型枠を設けてコンクリートを打設する現場打ち工法です。(⇔PC造)

 

柱や梁、床や壁など強度が必要な部分に、鉄筋でできた型枠にコンクリートを流し込んだ素材を用いるものです。

「鉄筋は引っ張る力に、コンクリートは圧縮に強い」という双方の特徴を組み合わせて、

より強い強度を実現しています。

耐火性・断熱性・耐震性・防音性など様々な面で優れた性能を発揮します。

素材自体が重いため高層ではなく中層階の建築物に多く採用されています

 

②SRC造

鉄骨鉄筋コンクリート造。鉄骨の粘り強さとRC造の耐久性を兼ね備えています。

 

鉄骨を支柱とし、RC造の耐久性に加え鉄骨(S)自体が持つ粘り強いしなやかさを兼ね備えた構造です。

RC造とS造の長所をあわせ持ち、他と比べて最もコストはかかりますが

強度も耐震性も非常に高く耐久性もあります

また、室内の音や空気が外に漏れにくいのも特徴です。

 

③S造

鉄骨造。粘り強さがあり、RC造やSRC造よりも軽量でしなやかです。

 

鉄骨自体の粘り強いしなやかさが特徴です。

さらにRC造やSRC造のようにコンクリートを使わないため全体の軽量化が図れ、

超高層や体育館などの大きな建築物に適しています

但し、しなやかな反面、RC造やSRC造と比べて揺れが大きくなるというデメリットもあります。

鋼材の厚みが6mm以上のものは「重量鉄骨造」、6mm未満のものは「軽量鉄骨造」に分類されます。

 

④PC造

プレキャストコンクリート造。鉄筋コンクリート造のうち、部材を工場生産し現地で組み立てる工法です。(⇔RC造)

 

壁などを構成するコンクリート部材をあらかじめ工場で作成し、運搬可能な大きさにして運んで組み立てる工法。

現場での作業はコンクリート部材を組み立てるだけなのでスピーディに建築できます。

また、工場生産ならではの均一な品質が保証され、コンクリート造による高い耐火性・断熱性・耐震性・防音性

も持ちます

規格に合わせて作られるため規格外の土地や形状に対応しにくいデメリットがあります。

 

⑤木造

一軒家やアパートなど、日本における建物構造の主流。木材は鉄には劣るものの、軽くて強度もあります。

 

木造は建築物の柱や梁などに木材を使用した構造です。

通気性が非常に良く、日本の気候に適しています

建築コストや家賃相場も全構造の中で最も安いです。

また、加工性が非常に高いことからリフォームがしやすいメリットもあります。

 

 

防音性・耐震性・耐火性・通気性の違いは?

◆防音性◆

特に優れているのはコンクリートを利用しているSRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造)・RC造(鉄筋コンクリート造)・PC造(プレキャストコンクリート造)

・次いで防音性が高いのはS造(鉄骨造)

・木造は防音性には優れていない

◆耐震性◆

最も耐震性に優れているのはSRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造)

・耐震性について、その他は大差はない

◆耐火性◆

特に優れているのはコンクリートを利用しているSRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造)・RC造(鉄筋コンクリート造)・PC造(プレキャストコンクリート造)

次いで耐火性が高いのはS造(鉄骨造)だが上記と大差はない

◆通気性◆

最も優れているのは木造

・次いで通気性が高いのはS造(鉄骨造)

コンクリートを利用しているSRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造)・RC造(鉄筋コンクリート造)・PC造(プレキャストコンクリート造)は通気性に優れていない

 

 構造別:こんな人にオススメ♪

◆「できるだけ防音性・耐震性・耐火性を重視したい」「お子様のいるファミリー」など

RC造(鉄筋コンクリート造)PC造(プレキャストコンクリート造)

◆「防音性・耐震性・耐火性を重視したいうえに高層階ならではの眺望も楽しみたい」

SRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造)

◆「ある程度の耐震性は欲しいけれどなるべく賃料は抑えたい」…S造(鉄骨造)

◆「できるだけ低予算で住みたい」「通気性の良い物件を探している」…木造

 

また、建物構造によって冷暖房効率も変わってきます。

コンクリートを利用しているSRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造)・RC造(鉄筋コンクリート造)・PC造(プレキャストコンクリート造)は温まりやすく冷めにくいので、家族が家にいる時間が長く、冷暖房を使い続ける方に適しています。

対してS造(鉄骨造)や木造は温まりやすく冷めやすいので、家を空けている時間が長く帰宅して数時間で寝られるような方向けかもしれません。

このように、ご自分のライフスタイルに合う物件を探してみましょう♪

 

リノベーション物件を探してみる