アパートとマンションの違いとは?

Posted by

アパートかマンション、住むならどちらが良いんだろう…?

今回はそれぞれの違いやメリット・デメリットについてご紹介します。

 

【アパートとマンションの違いってなに?】

アパートとマンションにはどのような違いがあるのでしょうか?

実は、アパートとマンションの区分についてはそもそも明確に定められた定義がありません

その定義はあいまいで、それぞれの地域や不動産会社、慣習によって少しずつ異なる定義が使われています。

一般的な認識としては、おおむね次のように、構造の違いや階数の違いなどで区分されているようです。

【アパート】
木造軽量鉄骨構造
2階建て

【マンション】
鉄骨・重量鉄骨・鉄筋コンクリート構造鉄骨鉄筋コンクリート造
3階建て以上

 

【それぞれのメリット・デメリットは?】

【アパートのメリット】
・さまざまな立地に立っていて選びやすい
家賃・管理費が安い傾向
・通気性がよく結露やカビが発生しにくい

【アパートのデメリット】
気密性や防音性、耐火性など住み心地に関わる建物の性能が低いことがある
・セキュリティ面に不安がある
・気密性が低く冷暖房が効きにくい

アパートは木造2階建ての建物で、建築コストが安いため、家賃が低く抑えられています。

家賃が安いぶん、契約時に必要な初期費用なども安く抑えられるのも大きなメリットです。

一般的にはマンションのほうが内装や設備は充実していることが多いですが

マンションに見劣りしないアパートも登場しています。

また、築古物件であってもリノベーション済みであれば設備が新しく、内装も現代風でオシャレです。

リフォームの有無や築年数によってケースバイケースであると心得ておきましょう。

 

【マンションのメリット】
・耐震性・耐火性など構造の強度が高い
・気密性が高く断熱効果が高い
設備が充実しており防犯性も高め(エレベーター・24時間ゴミ出し可・オートロックなど)
・高層階になると見晴らしが良い

【マンションのデメリット】
家賃・管理費が高い傾向がある
・通気性が悪く、北向きの部屋などはカビが発生しやすい場合もある

アパートに比べて、設備や機能が充実している物件が多く、快適性や防犯性に優れています。

アパートと比較し防音性が高いと言われますが物件によって造りは違うので、

マンションであれば必ずしも防音性が高いとは限らないことを覚えておきましょう。

一方デメリットとして、建築コストや維持費が高いため家賃や管理費が高いことがあげられます。

 

【アパートかマンションかを選ぶポイント】

それぞれのメリットから、どちらがどんな人におすすめかご紹介します!

【アパートに向いている人】
家賃を安く抑えたい
・多くの物件から、条件に合う部屋を見つけたい
・こじんまりした環境が好き、顔の見えるご近所付き合いが好きな方

【マンションに向いている人】
・地震や火事に対して安心して暮らしたい
・防犯面で安心して暮らしたい
設備・機能を重視したい

 

>>リノベーションしたアパートを見てみる

>>リノベーションしたマンションを見てみる

 

~実際に物件を探すときには、まずは自分が最低限押さえたい条件がなにかを洗い出し、自分がどう暮らしたいか?

のイメージをしてみることが大切です。

理想の生活をイメージしながら、そして楽しみながら新居探しをしたいですね~