賃貸の初期費用や家賃、クレジットカード払いにできる?

Posted by

キャッシュレス化が進む中、賃貸契約において初期費用や家賃の

クレジットカード払い可」の物件が増えてきています。

今回は「初期費用や家賃のクレジットカード払い」についてです。

 

【初期費用や家賃はクレジットカード払いできる?】

カード払いに応じている場合でも「初期費用だけOK」や「家賃もOK」など、物件によって条件は異なります。

利用者からすれば、より大きな金額を支払う初期費用をカード払いにできるのはうれしいもの。

今後、物件選びにおいても大きな着目ポイントの一つになりそうです。

家賃については銀行の口座引き落としというケースが多いですが

物件の管理会社などがクレジットカード決済に対応していれば、クレジットカードで家賃を支払うことも可能です。

ちなみに、対応している場合でも提携している会社のクレジットカードなど

特定のカードのみ受け付けるというのが一般的です。

今後、特定のカード以外でも支払えるケースが今以上に増えていくと

さらに家賃のクレジットカード決済が普及していくかもしれませんね。

 

【クレジットカード払いにするメリットとは?】

クレジットカード払いにする最大のメリットは、カードのポイントが貯まることが挙げられます。

家賃は毎月の家計で大きな割合を占めるもの。

家賃をクレジットカードで支払うことで、その分のポイントやマイルが貯まるというのは

消費者にとってはとても魅力的です♪

また、銀行の口座引き落としで家賃を支払う場合は、引き落とし手数料を負担するのが一般的です。

クレジットカード決済にすると、手数料分おトクになるというメリットもあります。

 

【クレジットカード払いの注意点とは?】

①家賃決済はポイント対象外の場合もある

クレジットカードには、ポイント付与ができるサービスと付与できないサービスがあります。

まず保有カードが家賃決済をポイント対象としているかどうか

対象となる場合はポイントやマイルの還元率についても確認しておきましょう。

②カードの指定がないか確認する

家賃決済に使えるカードが指定されているケースもあります。

このような場合は、指定に合わせて新たにカードを作るのも一つの方法です。

③引き落とし日に合わせてお金を入れておく必要がある

引き落としができないと、カードの信用情報に傷がついてしまうことになります。

特に給与の振込口座とクレジットカードの引落口座を分けている方は

常に一定の現金を口座に入れておくよう気を付けましょう。

④限度額を超えないか気を付ける

クレジットカードには利用限度額がありますので、まとまった金額となる家賃をカードで払うためには

利用限度額を超えないよう気にしておく必要があります。

大きい買い物や旅行などの出費があった場合は要注意!

あらかじめ、余裕を持った限度額を設定することが必要です。

 

~クレジットカード払い可の物件は増えつつあります。お部屋探しの際に気にしてみることをおすすめしますよ~