浴室乾燥機って必要?

Posted by

賃貸物件を探すときに「できれば浴室乾燥機付きのお風呂がいい」という方は少なくないのではないでしょうか。

今回は浴室乾燥機の使い勝手をご紹介します。

浴室乾燥機とは?

浴室乾燥機とは、浴室や洗濯物を乾かすために主に浴室の天井に設置される設備です。

基本的なスペックとしては、換気・乾燥のほか暖房・冷房の機能を兼ね備えています。

よく浴室乾燥機と浴室暖房の違いを気にされる方がいますが、実際はどちらも同じものを指しています。

賃貸物件に付いているのは、この「浴室乾燥機」か換気機能のみの「換気扇」になります。

【浴室乾燥機付き物件のメリット】

①カビ対策ができる

浴室は湿気がたまりやすいため、カビ対策は必須です。

賃貸物件では浴室に窓がないことが多いので換気扇だけではカビが発生しやすいですが、

浴室乾燥機があれば効率よく湿気から浴室を守ることができます。

②洗濯物を乾かすことができる

雨の日、花粉やPM2.5が気になる季節、帰宅が遅い日が続くなど洗濯物を外に干せない時に

浴室乾燥機を使って浴室で乾かすことができます

ジーンズの陰干しや下着などを干す場所としても重宝し、部屋干し臭が気になることも少ないでしょう。

雨具を乾かすのにも便利です。

洗濯乾燥機に比べて仕上がりのシワや収縮が少ないのもメリットですね。

洗濯物を浴室に集約できれば煩雑な洗濯物が一か所に片付き、居室スペースを有効に利用できるのも助かります。

ただし、あまり多く干しすぎてしまうと乾きが悪くなります。

③寒い時期のヒートショック対策になる

浴室乾燥機の暖房機能を使えば、寒い時期の室温差を抑えてヒートショックを防げます。

浴室の扉を開いておけば脱衣所まで暖められるので、風邪をひきやすいお子さんからご高齢の方にもおすすめです。

夏場は冷風モードを使って湯あたりやのぼせを防止しながら快適に入浴できます。

 

【浴室乾燥機付き物件のデメリット】

①物件数が少なく家賃が高め

浴室乾燥機付きの物件は全体の物件数からすると半数前後と少なくなります。

また、設備のグレードの高い物件、あるいは築浅の物件に多いため家賃が高くなる傾向にあります。

②光熱費が高くなる

浴室乾燥機は、電気もしくはガスによって運転を行うため固定費である光熱費は当然上がります。

家賃が高めになることに加え、光熱費もかかるなど、ある程度のコストが必要になります。

コスト面重視の場合はドラム式洗濯乾燥機を利用するほうが光熱費は安く済むようです。

③定期的な清掃が必要

エアコンなどと同様、定期的に本体やフィルターの清掃が必要です。

メンテナンスせずにいると、フィルターに埃がたまって不衛生な状態になり、乾燥機能も弱まってしまいます。

3ヶ月~半年を目安に汚れを取り除きましょう。

 

~ファミリーでも一人暮らしでもさまざまな場面で役立つ浴室乾燥機ですが必要ないと感じる方も

いらっしゃるかもしれません。

引越しや一人暮らしをきっかけに新しい物件を探される際は、ご自分のライフスタイルを考慮して

必要かどうか判断しましょう~

浴室乾燥機付きリノベーション賃貸物件を探す>>