ひとり暮らしもふたり暮らしもファミリーも…それぞれのお部屋選び

Posted by

 

【ひとり暮らし】

ひとり暮らしをする人によく選ばれる間取りは、

ワンルーム、1K、1DK、1LDK、1SLDK…それぞれどんな人に向いているでしょうか。

 

◆ワンルーム(1R)◆

ワンルームは、玄関から居室までに間仕切りがなく、キッチンが居室とつながっているタイプの間取り。

最もシンプルな間取りで、家賃が安いのが最大のメリットです。

ワンルームは1つの空間にキッチンがあるので、料理をすると部屋中にニオイが充満しやすい傾向にあります。

その反面、冷暖房の効いた空間でテレビを観ながら、あるいは友人を招いて会話をしながら料理ができる

というメリットがあります。

◆1K◆

1Kは、1部屋+キッチンで居室とキッチンの間に間仕切りがあり、キッチンが独立している間取りです。

料理のニオイが部屋に充満しない、玄関ドアを開けたときに部屋の中が丸見えにならないなどのメリットがあり

居室と水まわりをはっきり分けたい人に向いています。

◆1DK◆

1DKは1部屋+ダイニングキッチンの間取りです。

ダイニングキッチンにテーブルを置いて、居室は寝室として使えるのでレイアウトもしやすくなります。

しかし少し昔に流行った間取りのため築年数が古い物件が多く、和室のお部屋も多いです。

1DKで洋室の部屋に住みたい場合は、リノベーション物件がオススメです。

◆1LDK◆

1LDKは独立した1部屋とLDKがある間取り。

1部屋はベッドを置いて寝室に、LDKにはソファ・テーブル・テレビを置いて使うケースが多いです。

ワンルームや1Kよりは広さも家賃もぐんとアップするので、少し家賃が高くても

寝る部屋・くつろぐ空間を分けたい人に向いています

◆1SLDK◆

1LDK+「サービスルーム」が1室ある間取りです。

「サービスルーム」は家で仕事をするための空間として活用される方が増えています。

ひとり暮らしの方へオススメの物件を探す

 

 

【ふたり暮らし】

カップル・新婚さんなどふたり暮らしに向いているのは1LDK、1SLDK、2LDK、2DK…などの間取りです。

 

◆2DK◆

ダイニングキッチン+居室2部屋の間取りです。

居室は一部屋を寝室、もう一部屋をリビングや仕事部屋、趣味の部屋などに使えます。

1980年代に流行った間取りなので物件によっては和室のままのお部屋や浴槽が小さいお部屋も少なくないので、

2DKのお部屋を探すときは、リノベーション物件がオススメです。

◆2LDK◆

1LDKは独立した2部屋とLDKがある間取り。

LDK以外の一部屋を寝室に、もう一部屋は仕事部屋、将来は子供部屋として使ったりできます。

さまざまな暮らし方に対応できるのが大きなメリットです。

ふたり暮らしの方へオススメの物件を探す

 

 

【ファミリータイプ】

ファミリー向けは2LDKや3LDKといった間取りになります。

ファミリーの方へオススメの物件を探す

 

 

◆◇会員登録をしていただくと

最新のリノベーション物件の情報をお送りします◇◆

会員登録はコチラから…